花粉症対策に

query_builder 2021/03/07
健康情報
1567069780_mceclip1

免疫力を高めるためにタンパク質の代謝を上げること、ビタミンAとビタミンCをしっかり摂ることが大切です。


1ビタミンA


 ビタミンAは油に溶けやすい性質を持つ脂溶性ビタミンの1つです。 多く含まれる食品は、豚レバー、鶏レバー、ウナギ、バター、鶏卵などの動物性食品です。   体のなかに入ったビタミンAは脂肪とともに小腸から吸収されると、ほとんどは肝臓に蓄えられ、そのほかは血液によって心臓や肺、腎臓など、各組織に運ばれていきます。体のなかでは3つの活性型「レチノール・レチナール・レチノイン酸」として、存在します。主な働きは、皮膚や粘膜を健全な状態に保ちます。


2ビタミンC


 アスコルビン酸とも呼ばれるビタミンCは、体内の酸化還元反応に広く関わるほかに、コラーゲンの生成、植物性食品からの鉄の吸収を助ける働きをしています。調理による加熱に弱く、光や空気に影響を受けやすいのが特徴です。なおかつ、水に溶けやすい性質を持つ水溶性ビタミンです。


 消化管で吸収されたビタミンCは全身に運ばれ、吸収されなかった分は尿として排泄されます。ビタミンCは、多くの生き物が体内で生成することができますが、ヒトや一部の動物の体のなかでは生成できません。そのため、食品から摂取する必要があるのです。


 ビタミンCは、主に野菜や果物、じゃがいも、サツマイモなどに多く含まれています。

NEW

  • 熟睡するためには

    query_builder 2021/06/16
  • ニンジンをまるごと食べましょう

    query_builder 2021/06/15
  • 清涼飲料水に注意

    query_builder 2021/05/18
  • 免疫力を高める野菜

    query_builder 2021/04/13
  • 断食のすすめ

    query_builder 2021/03/17

CATEGORY

ARCHIVE