プチ断食のすすめ

query_builder 2021/02/25
健康情報
8_8_3_27828806

 私たちの体は飢餓を経験する前提でつくられているため、毎食充分な食事をとり過ぎていると体にゴミがたまりがちになります。時には、プチ断食を行いましょう。



 「ダイエットが続けられない」「健康的に痩せたい」という人におすすめなのが、週に1度の「プチ断食」です。 「曜日を決める必要はなく、できそうなときに実行すればOK」「断食期間中も食べる量をゼロにしなくていい」と聞くと、「自分にもできそう」と思いませんか?


 これまでいろいろなダイエットを試してきた人なら、「週にたった1日の断食で痩せようと思うなんて虫が良すぎない?」と思うかもしれません。 プチ断食は、一時的に体重を減らすためのものではありません。体に入れる食べ物を極力減らすことで内臓の調子を整え、便通の改善や自律神経の正常化をはかることで、アンチエイジングやダイエットを目指す方法です。 むしろ、「プチ断食」直後の体重は、断食以前とさほど変化がありません。 ここで「ダイエットに失敗した」と思うのではなく、週に1度の「プチ断食」を続けてみましょう。空腹期間を設けることで、脳が満腹だと感じる食事量が減り、食べる量が減っていくはずです。 プチ断食を習慣化することで次第に痩せるための条件が整っていき、結果としてダイエットに繋がるのです。


「プチ断食は週に1度」と紹介しましたが、実際には3日間をかけて緩やかに始め、緩やかに終える必要があります。 「明日は断食をするから、前日はいっぱい食べておこう」というのはNGです。 女子会や飲み会の予定があるなら、その前後に「プチ断食」をするのはやめておきましょう。 女子会なのに思いっきり食べられない、という悲しい事態になってしまいますからね。 「プチ断食」には、断食をする日の食事を2食抜いて1食だけにする方法や、固形物を摂らない方法、夕食だけを抜く方法などがあるので、生活スタイルや自分の性格を考えて「できそうだな」と思うものを選択するとよいでしょう。



1 プチ断食前:体の準備をする1日目


「プチ断食」に向け、前日は体を慣らしていきます。肉や揚げ物など、高カロリーで高脂質な食べ物をがっつりと食べるのはNGです。 ご飯、味噌汁、野菜といった昔ながらの「粗食」を心がけてください。消化に良く、シンプルで体に優しい食事を意識するとよいでしょう。 食事は満腹になるまで食べるのではなく、腹八分程度にとどめ、就寝の2~3時間前までに済ませます。アルコールや刺激物、喫煙も避けましょう。小麦やカフェイン、スイーツなども控えておくと、なお良いです。



2 プチ断食当日:固形物は一切摂らない


「プチ断食」当日は固形物を口にするのをやめます。糖質は1日70~130gを目安にします。 「ダイエットなのに糖質を摂ってもいいのか」と考える人もいるかもしれませんが、糖質は人間の活動に大きくかかわる栄養素なので、最低限摂取しながら進めるとよいでしょう。 具のない味噌汁やだし汁、野菜ジュースなどカフェインの入っていない飲み物、ヨーグルトなどを上手に使ってみてください。もちろん、喫煙やアルコールはNGです。「プチ断食」中に気を付けたいのは、水分不足と水分過多です。普段食べている食事には、固形物の部分にも水分が含まれているので、意識して水分を摂取しないと脱水気味になってしまいます。 目安としては、トイレに行く回数が普段と同じぐらいになるように調整してみてください。



3 プチ断食後:身体の回復を促す3日目


「プチ断食」翌日の食事は、1日目同様に消化が良いものを食べます。 この日も、刺激物やアルコール、喫煙、カフェインは避けましょう。普段の食事に戻れるまであと少しの辛抱です。「頑張ったからたくさん食べよう」と一気に食べてしまうと、せっかく休ませた胃腸に負荷がかかってしまいます。 また、胃腸が通常よりも吸収力の良い状態だということをお忘れなく。 やり方次第では、「プチ断食」の効果がなくなってしまうといっても過言ではありません。

NEW

  • 熟睡するためには

    query_builder 2021/06/16
  • ニンジンをまるごと食べましょう

    query_builder 2021/06/15
  • 清涼飲料水に注意

    query_builder 2021/05/18
  • 免疫力を高める野菜

    query_builder 2021/04/13
  • 断食のすすめ

    query_builder 2021/03/17

CATEGORY

ARCHIVE